二重のアイラインの引き方

二重のアイラインの引き方

二重,アイライン,引き方

 

二重のアイラインは引き方が難しく、特にバランスが難しく間違えると直ぐににじんでしまいます。二重の人がアイラインをしっかりと引いてしまうと、濃いメイクになりやすいです。元々目力が強いのでアイラインを失敗すると、目が必要以上に協調されてしまい顔がきつく見えてしまいます。

 

上手で綺麗な惹き方は、カラーは黒以外でオフィスメイクであればグレーやブラウンでデート等はカラーアイライナーを使うと良いです。二重の人は淡い色を選ぶと目が必要以上に強調される事なく、不自然に強調されたアイラインにならないです。

 

アイラインを引く時にはペンシルタイプがお勧めで、柔らかいアイラインが描けます。他のタイプに比べると、二重の人に特化したナチュラルなアイラインを引く事が出来ます。リキッドやジェルはくっきりとしやすく、インパクトが大きくなりがちです。

 

二重は柔らかい方が良いので、ペンシルタイプを選びます。細かく引けるように、常にペン先は鉛筆削りで削っておく事も忘れないようにします。極限に細く引く事で、まつ毛の間を埋める程度のアイラインにする事を心掛けると綺麗に引けます。

 

アイシャドウでぼかすだけでも綺麗に仕上がりますが、アイメイクをやり過ぎないように気を付けましょう。

二重のアイライナーの引き方

二重,アイライン,引き方

 

二重をエレガントな目元にするには、アイラインは目尻に細く入れていくのがポイントです。太いラインを入れてしまうと、強調され過ぎて派手になるだけではなくて折角の大きな目が小さく見えてしまいます。アイラインの色はアイシャドーの色使いもポイントになり、グレー系や茶色系のシャドーを使う場合は淡い色を使ってまぶたに載せる色も軽い色を選びます。

 

上まぶたのアイラインは全体に細い線で弧を描いて、まぶたに濃い色のシャドーを載せていくとまぶたが重々しくなりエレガントな目元作りには不向きになります。アイラインの色は薄い茶色系が良く、目の下は淡いピンク系とオレンジ系のシャドーを使用すると立体感が出てきて綺麗に仕上がります。

 

仕上げに茶系のシャドーをぼかすと、ナチュラルの雰囲気に仕上がります。アイラインにはペンシルとリキッドとジェルとパウダーがあり、この中では二重にはペンシルタイプのアイラインが合います。アイラインの色はグレイとブラウン系と淡い色が良く合い、ペンシルタイプか筆ペンタイプの少し硬めのリキッドを選びます。

 

2種類のアイラインを使うと、色は滲みにくくなり淡い色であっても綺麗に色を出していけます。柔らかい筆ペンタイプのリキッドは汗や水にもにじみやすいので、夏の季節に使う時には気を付けましょう。

二重のアイメイクのやり方

二重,アイライン,引き方

 

ナチュラルなメイクであれば、年齢やシーンを選ぶ事がないので一番普段使いとして使えるメイクです。アイシャドウはブラウン系かベージュ系がお勧めの色で、どちらもパールの入ったものを選びます。淡いカラーから順に濃いカラーのアイシャドウにしていき、最後にぼかすグラデーション使いがお勧めです。

 

順番に塗っていき、最後に何も塗っていないブラシを使ってぼかすだけのメイクなので簡単です。アイライナーはぱっちり感を出すのならリキッドアイライナーで、ふんわり感を出すのであればペンシャルアイライナーと使い分けるとその日のお洒落に合わせられます。

 

アイラインのポイントは、まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにまつ毛の際を引く事を意識しながら引きます。元々目元がはっきりとしているので、太いラインを描く必要がなくしっかりとぱっちりとした目元が作れます。マラカスはロングタイプのマラカスを使い、1本1本を長くさせるように塗っていきます。

 

この前にはもちろん、ビューラーを使ってしっかりとカールはさせておきます。根元からマスカラを塗っていく事で、しっかりとまつ毛を立ち上げる事が出来ます。しっかりとメイクを行ったような雰囲気になるので、簡単なメイクだけで充分です。

ナイトアイボーテの最安値販売店は楽天?Amazon?トップページへ簡単・手軽にホンモノの二重になりたい方、偽二重作りや二重整形はしたくないと思っている方は、トップページでナイトアイボーテの詳細をチェックしてみてください。