二重の薄い線を濃くする方法

二重の薄い線を濃くする方法

二重,薄い線,方法

 

二重の線を濃くするには、まぶたの運動を行うのが効果的です。正しいまぶたの運動を行う事で、二重の線が濃く定着します。正しいまぶたの運動とは、ぱっちりの二重になるための運動の事です。まぶたに力を入れて自力に一時的にぱっちりの二重に出来るのであれば、ぱっちりの二重にしていきます。

 

一時的にするのが難しい場合は、鑑を見ながらまぶたの線がしっかりと付くように目に力を入れていきます。二重になる状態でダイナミックな瞬きをして、その状態を維持して瞬きを繰り返します。まぶたに線を付けるようなイメージによって行い、そのまま指を出して目の前で左右にゆっくりと動かしていきます。

 

指の動きを追いかけながら、パチパチと繰り返します。まだ二重になっていなくても、効果はあります。更にまつ毛を上向きにして外側からクセを付けやすくして、ピューラーでまつ毛を上向きにする事によって普段からクセ付けがしやすいです。

 

まぶたの先が上向きになっていると、まぶたに線を作りやすくなりクセも付けやすくなります。まつ毛が長くてコシがないと、クセ付けをするのは中々難しいです。まつ毛美容液を利用すると、まつ毛を伸ばして強く出来て二重のラインのクセ付けが可能になります。

ABのシークレットクリアフィルムで二重に

二重,薄い線,方法

 

AB(オートマティックビューティ)のシークレットクリアフィルムは、フィルム液を塗って乾かすと硬い膜になって、目を開けると膜ごと持ち上がり膜の境が二重になります。くっつける事がないので、目をつぶっていても自然になります。

 

使い方は白いラインまでシークレットクリアフィルムを塗り、元の奥二重線も分かり目尻の方は太めなので目頭の部分がもっと少し太いともう少し太く優しく見えるため目頭部分を重点的に増えたコスメを使います。

 

白いラインまで塗って手で抑えて乾かすが、全然乾かないです。透明なので乾いている事が分かりにくく、触ると乾き切っていなくて伸びたりしています。乾かす時にはドライヤーを使うのが良いが、ドライヤーでも時間がちょっとかかります。

 

朝の忙しい時間には面倒で、出来れば上向き気味で目をつぶってドライヤー冷風で1分くらいしっかりと乾かしていきます。乾いてくると重く感じてくるので、なんとなく分かると思います。乾いていくと、硬いフィルムの膜が出来ます。

 

テカりが出るのはローヤルアイテムと同じで、ゴシゴシ擦ってもテカりが消えないです。メイクを利用して上手く隠すしかなく、ラメ系のアイシャドウを使ったりアイラインをしっかりと引く事によって馴染んでいきます。

二重になれるアイテム

二重,薄い線,方法

 

二重まぶたに関して、100%二重まぶたになれるアイテムはなく、アイプチを使っても二重になれない場合があります。ドラッグストアで購入出来るものは700円くらいのものから、ネットや雑誌で見かけるものでは2.3000円くらいからもっとするものまで販売されています。

 

くせ付けのために短期間使い他のものと併用する条件でお勧めになるのが、愛ホーンという二重まぶたのクセを付ける事が出来ます。液が非常に強力で更にくせ付けするために、器具が独特の形をしています。これらのおかげで、深くしっかりとした二重のラインのクセが付けられます。

 

アイホーンにもデメリットがあり、液の管理が難しいです。コスメや顔の汚れや脂等が原因になり、白く濁るため清潔な肌に付けるようにする必要があります。何回か練習をして自分のコツを掴まないと、綺麗なラインは作れないです。

 

ランニングコストがかかり、液は使えなくなります。1本で二重まぶたに慣れない場合は、2本や3本と毎回買わないといけないです。二重まぶたになるには、なるべくアイテムに頼り過ぎない方が良いです。まぶたに強力にクセ付けになるので、負担がかかりやすいためです。

 

まぶたの皮が伸びやすいので、使用する場合は短期間だけにしておくと安全です。

ナイトアイボーテの最安値販売店は楽天?Amazon?トップページへ簡単・手軽にホンモノの二重になりたい方、偽二重作りや二重整形はしたくないと思っている方は、トップページでナイトアイボーテの詳細をチェックしてみてください。