二重まぶたを糸を使って作る

二重まぶたを糸を使って作る

二重まぶた,糸

 

一重まぶたを二重まぶたにする方法には、糸を使う方法があります。他に用意するものは、輪ゴム2個と絆創膏だけです。二重まぶたのライングセを付けるには、タコ糸を使用した方法が一番楽で簡単です。クセを付けた後にプレッシャーを使って、アイテープで更にクセを付けると効果が高いです。

 

専用アイテープよりも安くて目立たたないお勧めの方法で、傷テープをハサミでカットして使うと安くて沢山使えて目立たたないです。やり方は輪ゴムとタコ糸を結ぶが、ちょっと緩めに作るのがコツです。耳に輪ゴムをかけて希望の二重の幅にタコ糸をセットして、5から10分そのままにします。

 

放置する時に丁度良い大きさに切った絆創膏をタコ糸の上から貼ると、手で抑えていなくても良いです。寝転がっていても出来るので、手軽に行えます。糸の長さが重要であるので、ゆとりを持たせてフィットする長さを最初は調整します。

 

美容液やパックを行った後に行うのがお勧めであるので、お風呂上がりが最適です。タコ糸を外すと、しっかりとクセが付いています。人によって個人差はあるが、まぶたに優しい方法であるので嬉しいです。自宅で簡単に安く二重に出来るので、手軽な方法の1つです。

糸を埋め込んで二重にする

二重まぶた,糸

 

まぶたに糸を埋め込んで二重にする方法には、埋没法という手術があります。目を開ける時に動く筋肉を皮膚を糸によって連結して、目を開ける時に皮膚が糸に引っ張られて二重になる仕組みです。手術方法は通常のやり方であれば、皮膚に1ミリの穴を開けてそこから糸を埋め込んで手術を行います。

 

手術の時間は10から20分と短時間で終わり、プチ整形になり人気があります。手術後1週間程すれば腫れや内出血は90%は落ち着いていて、その後1ヶ月後には微妙なむくみが徐々に引いてきます。1ヶ月目では糸のふくらみが気になる場合もあり、半年くらいかけて糸が目立ちにくくなっていきます。

 

このため、化粧等でごまかしていくと良いです。埋没法では糸が緩んでくるもので、緩んでも糸が瞼から自然と取れるものではないです。抜糸をしないとまぶたに残ったままになるが、悪影響はないです。スタンダードな2点止めの施術であれば、3から5年が平均になります。

 

しかし糸の結び目を多くしたり、糸のかけ方を工夫する方法では長持ちするとされています。糸が緩んでくる兆候としては、徐々に二重のラインが狭くなってきたり、日によって二重のラインがくっきりとしたり、ぼやけたりしてきます。

違和感なく二重にする方法

二重まぶた,糸

 

一重から二重にばれなくする方法には、手軽に試せる埋没法がお勧めです。埋没法は髪の毛よりも細い医療用のナイロン糸を使って、まぶたの上に二重のひだを作るためのラインを定めて何点か縫っていく方法です。

 

半永久的に二重を手に入れるためには、目がしらや目じりやまぶたにメスを入れて切開して余分な脂肪を取り除いて二重に縫い合わせる切開法があります。費用が数十万と高額で、術後に腫れや痛みが1週間程続いてしまうので安静にしないといけないです。

 

このため自然な二重になるまでは、半年程かかってしまいます。埋没法であればメスを使わずに糸で縫う事もないので、晴れも痛みもなく出来ます。整形した二重が気に入らなかった場合は、糸をほどいて縫い直す事も可能です。

 

ばれない整形のポイントは、腫れや出血を抑える事です。埋没法でラインの上の点を縫う時に、点の数を増やしてしまうと二重は安定するがその分まぶたに負担が増えて腫れてしまいます。糸の結び目を上手く組織の中に隠してすっきりと仕上げる事が出来て、中には施術の後に結び目が隠し切れない場合があります。

 

縫った点数が多いと、まぶたが凸凹になり周囲にばれてしまいます。結び目をまぶたの表側ではなく、裏側に持ってくる事で解決出来ます。

ナイトアイボーテの最安値販売店は楽天?Amazon?トップページへ簡単・手軽にホンモノの二重になりたい方、偽二重作りや二重整形はしたくないと思っている方は、トップページでナイトアイボーテの詳細をチェックしてみてください。