二重まぶた位置の決め方

二重まぶたの位置の決め方

二重まぶた,位置

 

二重まぶたの位置を決める方法を紹介します。大きく目を開いてこれ以上開かないまで開く事で、眉毛を引っ張り上げて前頭筋とまぶたを引っ張り上げる眼瞼挙筋が凹んで、境目に谷間が出来ます。この時にまぶたに脂肪が少ない人は、うっすらとラインが現れます。

 

このラインが、あなたの二重のまぶたの最適なラインになります。まぶたを大きく開いたまま、眉毛をゆっくりと下していき、一時的にも二重まぶたになった人もいます。出来ない人もいるが眼窩脂肪が原因で、この場合は強制的に二重まぶたを作ります。眼窩脂肪が厚い人の場合は、眉毛を上げていきまぶたを思い切り開きます。

 

まぶたの淵が4から6ミリくらいの一番窪んだ所に爪楊枝を押し当てて、この時はまぶたは大きく開いたままで、眉毛だけをゆっくりと下ろしていきながら爪楊枝でまぶたを織り込むように二重を作ります。目頭と目尻をしっかりと押さえてクセを付ける事で、目頭の方から少しづつ二重のラインを織り込むように作ります。

 

まぶたの淵から1.2ミリくらいの所に線を引くと奥二重になり、まぶたの淵から4から6ミリくらいに線を引くとぱっちり二重になれます。今はまぶたに脂肪があるので違和感がありますが、マッサージで脂肪を減らすと爪楊枝はいらなくなります。

二重まぶたを維持する方法

二重まぶた,位置

 

二重まぶたを維持するには、トレーニングを行う必要があります。一重の人が二重になる時には、マッサージを行い二重にします。二重に出来たら出来る限り上体を維持していき、最初は数分しか出来なくても少しづつ時間を伸ばしていきます。

 

最初は定着していないので、自然に一重に戻る場合があるが戻ったらマッサージをもう一度行います。やり方は手を使わずに目を見開いて、眉毛を動かさずに目を見開いて二重にします。疲れたら休憩をして、目を閉じたりまぶたや目の周りのマッサージを行います。

 

気が付かないうちに瞬きの回数が減っているので、目薬を点したり目や周りの筋肉を休ませたりします。繰り返して行う事で、二重まぶたを徐々に安定させていきます。このトレーニングは個人差があるので、続ける事で安定していき二重になれます。

 

二重を邪魔してしまうものには、不規則な生活や不摂生によって顔やまぶたがむくんでしまいます。暴飲暴食二より太り、顔やまぶたに脂肪が付いてしまいます。視力が悪くて、目を細める癖のある人等です。二重にする時の筋肉の使い方を知って、出来る限り定着をするように維持をしていきます。

 

しっかりと二重のラインにクセを付ける事を定着させましょう。

二重まぶたを鍛える運動

二重まぶた,位置

 

二重を作るには、まぶたの脂肪を落としていく必要があります。つまりはまぶたを薄くしていく事で、やり方は手を使わずに眉毛を力いっぱい上に持ち上げていき目をつぶります。この時に上まぶたに力が入ってプルプルしてきたら、効いている証拠になります。

 

眉を動かさずに目を大きく開いて、眼球を奥に引っ込めるような感覚で行います。上まぶたと下まぶた共に力が入っていると効果が高まり、普段から目に力を込めるように心掛けるようにします。これらの方法以外には、高速で瞬きをしたり目の周りの筋肉を使うのを意識したりして強く瞬きをすると脂肪を落とす事が出来ます。

 

まぶたの筋肉を使う運動をどんどん取り入れて繰り返す事で、一重や奥二重の人は二重のラインが付いてきます。直ぐには二重にはならないので、長くても数ヶ月は続けるようにします。ラインが付いたら定着させないと、元に戻ってしまいます。

 

やり方はラインを爪や爪楊枝で何回もなぞり、この時に眼球や皮膚を傷付けないように注意が必要です。クリームを塗ると皮膚を傷付ける事なく、出来て効果が最も高いです。ラインの両端を二本の指で上から押さえて、軽く両端に広げていきます。

 

この状態なら、瞬きをしても二重はキープ出来ます。

ナイトアイボーテの最安値販売店は楽天?Amazon?トップページへ簡単・手軽にホンモノの二重になりたい方、偽二重作りや二重整形はしたくないと思っている方は、トップページでナイトアイボーテの詳細をチェックしてみてください。